文鳥屋 桜文鳥の中雛「セル」【第3段階(ひとり餌後・性別不明)】



2/17(右が「セル」)

2/10

2/1

1/24

1/9

 2020年1月9日、店主がプライベートで飼育している手乗りの桜文鳥ペア(画像の2羽【サン♀・ツイカ♂】)から生まれたヒナです。差し餌を卒業して自分でいろいろ食べるようになっています。

 両親ともに人なつっこい性格で子育て上手です。

 「キャン」「セル」はクチバシが短く丸い感じで、父よりも母に似ているようです。

 来店いただいて手渡しが可能なお客様のみが、ご注文いただけます『動物愛護法』により対面販売が義務付けられています

 飼育方法などは、事前に当店のページ「文鳥(ブンチョウ)の飼い方」をお目通しをお願いいたします(ご希望があれば、お引渡しの際に印刷したものをお渡しします)。 


※ 不在の可能性がありますので、事前にご指定いただいた期日時間帯にご来店をお願いいたします。
※ お引渡し予定日を過ぎた場合、特にご連絡がなければ、 即時キャンセルとなります(キャンセルされた場合、次回以降の生体のご注文はお受けできなくなります)。
※ お支払いは、銀行振込もしくはクレジットカードでの前払いとなります(キャンセルの場合返金いたしますが、銀行の振込手数料はお客様のご負担となってしまいます。当日の現金払いをご希望の場合は、釣銭の無いようにご用意をお願いします)。
※ 同時に用品をお買い求めいただいた場合は、生体引き渡しの際のお持ち帰りとして、送料をゼロに修正の上、あらためてご案内申し上げます。
※ 状態確認・ご説明・お引渡しは、玄関で行います(所要時間は10分未満です)

 ご不明な点がありましたら、お問い合わせをお願いいたします。

番号 No.03
分類名 桜文鳥ヒナ(第3段階)
税込価格 5,500円
生産地 埼玉県(文鳥屋)